Free Ticket Blog 音楽との距離
Free Ticket Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽との距離
呼吸をする様に音楽を、という人は作曲家さんに多いかも知れませんが
FTの中で呼吸は他者の観察または自己の掘り下げになります。
その延長線上に音楽があります。最終地点がそこです。
なので呼吸する様に音楽というよりも、深呼吸した一番最後が音楽。
見たもの、感じた事、経験してきた出来事、それを音楽という形でまとめて
あとはもう、それが届きますようにと祈る。何かのきっかけ、力になれたらと願う。
意外と音楽と呼吸に距離があります。笑


どんなにスタイルを主張してみたって、どんなに斜に構えてみたって
購入する人、聴いてくださる人、相手が居る以上はサービス業と何ら変わりはありません。
対価(評価)を得る為に心を尽くす。仕事と一緒です。
どこかのタイミングで必ず「有難う」の気持ちが出てくるでしょう。
長くやっていればやっている程、それは大きく大きく膨らみ続けるでしょう。

もっと文章で思っている事を書けたら楽なのですが、そこは血液型のせいなのか
育った環境によるものなのか、なかなかスムースにはいきません。
肝心な事を言いたくなかったり、本音を伏せたりする自分の性格を分かっているので
託す、というよりももっと汚い話、おええと吐き出す。その矛先が音楽に向きます。

本来自分の話をするの大嫌いで。意外だと思われます。
でも古くからFTを知る人には皆にやにやされます。納得されます。
何も言わなければ何も伝わらないという事で自分を無理矢理変えてきました。
性格を変えると交友関係もがらっと変わるんですよ。価値観がどんどん変わっていって。
本来であれば足を踏み入れたくない場所に敢えて踏み込むのでストレスとの戦いでしたが
そのストレスを越えると発見の連続でした。でもこの体たらく。まだまだ言えない事が多い。
だから音楽様様なんです。笑

だから呼吸というよりも寧ろ排泄行為に近いですね。笑
我ながら笑ってしまう。
汚い話にまとまってしまいましたが、今後もどうぞFTの排泄にお付き合い下さいませ。
何かの発見、小さな支えや力、思い出、何かしらが聴いて下さった方に残る事を祈って…
今後も音楽を作っていきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。