Free Ticket Blog FreeTicket9周年
Free Ticket Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FreeTicket9周年
今日でFreeTicketは満9才になりました。
9周年記念日、そして10周年目突入です。
メジャー界では満9年になった日から1年間、10周年記念として
復刻を出したり新譜を出したりしていますが
奇しくも現在My day計画を進行中。良い一年になる予感がしています。
優希と少しだけ話す時間があったのですが
短い時間では語りきれないです。9年という歴史は。
ここまでやってこれたのも、彼女の言う通り
聴いて下さっている、応援・支えてくださっている皆様あってのものだと思っています。
来年は10年、そしてその先、15年、20年を目指してマイペースに進みます!

ここまで一緒に来て下さっている皆様、見守って下さっている皆様、本当に有難う。
やりたい事をやるという野望から走り始め、いつの頃からか感謝の気持ちで一杯になり
自分の中で余りにも多くの思い出が詰まっているMUSIXの曲たちを
きっと同じように思い出を持っているであろう皆様の元へ
今度は新しい形で、もう二度と宙ぶらりんにならない形で届けよう、それがMy dayです。
順次リリースしていく予定です。当時を思い出しながら一曲一曲を楽しんで頂けたら嬉しいです。
これからも宜しくお願い致します。


++++++++++++++++++


皆様はどんな想いを込めてHNやユニット名を考えていますか?
幾つかのユニットに所属していたり、関係していたりなFTですが
今日はFreeTicket、WHO、Myosの由来について語ろうと思います。

FreeTicket
このユニットは…正直「なにくそ!」という気持ちで作りました。
思いの丈がそのままユニット名、そして曲名になっています。
雁字搦めで私生活から何から全て管理されている日々が嫌になり
自分達の表現がしたい!と、半ば強引に結成しました。
ここが出発点。相方ととことん自由にやってやる!と。
電車、バス、車、とにかく出発点・車輌がイメージでした。
走り出してしまえば誰も止められないだろう。
そして自分達で運転してしまえば、その後どこで停車してもいいだろう。
自分達が運転するものに制約なんてあってたまるものか。
そんな解放の願望を込めてのFree、そしてパスポートの意味合いでのTicket。
FreeTicket。このユニット名には今でも特別な思いがあります。
そして今、二人共作曲・作詞・歌の全てを担当するようになり
FreeTicketはまた一歩前進し、新たなステージへと歩み始めました。
これからが楽しみです。


WHO
このユニットは…前身はダンスユニットで違う名前だったのですが
俺がボーカルとして、瞳美がダンサーとして加入する際に
別のユニットとして生まれ変わらせようという事になり
今後何度かメンバーチェンジを行うだろうという事で
匿名性の高いWHOという名前になりました。
ちょうどW、H、O、それぞれを頭文字に持つ名前のメンバーが居たので
これは何か運命めいたものを感じるね、という事で即決でした。
海外を中心に活動しているユニットです。


Myos
このユニットは勿忘草をキーワードに名づけたそうです。
忘れずにいつまでも覚えていて貰えるようなユニットになるように、と。
forget me notではありふれている、ではどうするか。
それならforget me notではなくmyosotis(ミオソティス、ミゾティス、ミオゾティス)から
最初の四文字を取ってMyos。読み方はマイオスです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。