Free Ticket Blog 遅い昼ごはん
Free Ticket Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅い昼ごはん
FTはお昼をいつも大体夕方4時から5時の間に食べるのですが
ちょっと用事などがあると先にそちらを済ませてからご飯にするので
遅い日は夜8時とか9時になってしまい、夜と一緒になってしまいます。

一昨日、メンバーの一人、Aさん(仮)が購入した物がなんというか
品質が想像していたものとかなり開きがあったそうで
これは用途に合わない為使えない、と言っているのを目撃し
納期直前という訳ではなく多少のゆとりはあるのですが
だからと言ってそんなに遠くない上に忙しい人なので、
代理で買ってきます!とFTが名乗りをあげたんです。
そしたらありそうな場所2箇所(場所A、場所B)を候補として教えてくれました。

昨日買ってくる予定だったのに、なんとFTは
昨日同じく入っていた別件2つに気を取られ、
代理購入を忘れてしまったのです。許されない事です。
Aさん自身が赴くのはどのみちあと3日4日後になるという事で
寛容にも笑って許して頂いたので、昨日は
自分のキーボードに「○○購入」とメモを挿し退陣。

しかし今日になってハイアーチや足の猛酷使による足底腱膜炎が発覚。
やっと自由に歩ける時間に。しかし足の事で時間を消費した為
場所A閉店までの時間が迫る。ここで絶対に行かなければ更に信用を落とす。
とりあえず場所Aへ赴く。探す。発見。Aさんが購入したものと全く同じ。
次はホーム地点を挟んで反対側にある場所Bへ。
単純に折り返すより寄り道をして探しながら行こうと、場所Zへ。
無い。そして場所Bへ。この時点でかなりの時間が経過。商品を発見。
Aさんが購入した物と同じ!ここでおかしくて一人で笑ってしまう。
商品手に持ったまま「同じじゃねーか!」と仰け反ってしまった。
比較的騒がしい店内でも「あっははは」と響き渡るFTの声。
その声量どうにかしようぜ自分。

しかしこれで候補として出された場所AもBが「無い」で埋まってしまった。
さあどうする、これで帰ったら迷惑をかけただけで終わってしまう。
その時FTの中に場所Yが浮かび上がる。
そこになら絶対に違うものがある筈。時間は大丈夫だろうか。
場所Yの正確な閉店時間を覚えていなかった為、閉店時間を想定。
時計を見ると想定した閉店時間の11分前。急いで場所Yへ向かう。
3分前に間に合ったものの実際の閉店時間は想定の1時間後でした。
で、商品を探すものの見つからない。店員さんに声をかけると
あちらです、と教えて下さったので行こうとすると
店員さんが「しまってありますのでご案内します」と・・・・。
おお・・・・・やっぱり本格的な店になるとすげえ・・・と思いながら
見てみると、2種類必要なうち1種類は在庫切れとの事。
仕方ないと思い1種類だけをとりあえず5つお願いしました。
もう一箇所あてがあったのですがそちらは間違いなく閉店。

結局50%今日も今日での役にしか立ちませんでした。ちくしょー!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。