Free Ticket Blog 模様替え
Free Ticket Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
模様替え
部屋が物で溢れ過ぎて狭くなり、物が置けるスペースが少ないので
いっそ大規模な模様替えでもしてしまおうかと思っています。
皆様の地域は暖かくなってきたでしょうか。
こちらは最近暖かい寒いが交互にやってきます。
お互い季節の変わり目の風邪には充分注意して
健康に過ごしたいですね

最近は眠くなるのが早い。
まじで枕のお陰なんだろうか。
プラシーボで体が騙されてくれるなら
結構なことですよね。笑

拍手、コメント、有難うございます。
以下お返事になります。
  
  
ねこさん>
こんばんは、拍手どうも有難う!
AT-X11かあ・・・・。

うーんと・・・・。
説明書きに「PCやビデオなど、プラグインパワーには使えない」
って書いてあるよね。

まずマイクの種類から説明するね。

1.プラグインパワードマイク/エレクトリックコンデンサーマイク
プラグインパワーっていうのはPCに直挿しするマイクの事で
簡単に説明するとスカイプ用マイクや安いヘッドセットかな。
PC専用って書いてあるやつがそうです。
超小型のコンデンサーマイクみたいなもので
マイクとして機能する為の電圧はPCから送られてくるので
それでPCに直挿しして音が出せるという感じです。

2.ダイナミックマイク
電源を必要としないマイクの事で、割と頑丈で壊れにくい。
AT-X11はこのマイクになるのかな。
で、この種類のマイクに電圧をかけると誤動作が起こったり
音量やノイズのトラブルが発生する場合がある。
最悪壊れるなんて話も聞くけれど、どうなんだろう。
マイクの底を見ると三つの穴があり(XLRコネクタ/キャノンコネクタ)
一番好ましい使い方はXLR-XLRで統一する事。

3.コンデンサーマイク
電源が必要なマイク。落としただけで壊れたりして繊細。
ダイナミックマイクと比べると高音の抜けは良いけれど
音をかなり拾うので完全防音の静かな環境でないと
生活音が入りまくってしまったりなんて事もあるかな。
ファンタム電源が必要なので、搭載しているインターフェイスや
ミキサーなどが必要になります。これも接続はXLR-XLR。
安物のインターフェイスで使用する場合音量の不満が出易いので
マイクプリを個別に用意するか、良質なマイクプリを搭載している
I/Fを買った方がいいかも知れない。基本的にコストは高い。


で、ねこさんのマイクは2にあたるんだけれど
使い方が1になっちゃってるんだよね。
とんでもないノイズの原因はそこかも知れない。
で、XENYX302USB買うならXLRのマイクインがあるし
そこにぶっさせば大丈夫じゃないかな。
音質はどうなんだろうって思うけれど・・・・。
手元にXENYX302USBが無いので分からないや。

で、XLRケーブルなんだけど、結構断線しやすいので
自作用パーツを買って自分で作るのもいいかも。
オスとメスのコネクタ買ってはんだごてとはんだ糸買って
あとはペンチあたりを買って、で最後に切り売りケーブルも買う。
後は断線したところで次回から切り売りケーブルだけ買えば済む。
XLRコネクタは安いとオスメスそれぞれ100円しないのからあるよ。
頑丈なのはカナレ。CANARE。1m100円。
音質を考えるならBELDEN。これも200円とか300円とかその程度。
ケーブルは余らない程度の長さにしておくといいかも。
ぐでーんって余って○が出来ちゃうのは余りよくないかも。
という感じです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。