Free Ticket Blog 我慢
Free Ticket Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我慢
好きだけど相手の為に別れるって言葉をよく耳にします。
死に物狂いで模索して頑張ってどうしても駄目で
このままでは共倒れという状態なら分かるんですが
どうもその段階まで行かない話を聞く機会の方が多いです。
FTはその感性がいまいちよく掴めていません。

戦地へ赴く事になってついていったら死ぬ
一緒に苦労し疲弊する事で生命の維持に支障が出る
そういった理由でないなら我が身可愛さじゃないかと。
だってそのシチュエーションで付き合うのと別れるのとで
違いと言ったら
付き合う→「相手の邪魔になる」と「今後お互い長く苦労する」
別れる→「相手の邪魔にならない」と「自分は苦労しない」
ですよね。
相手の邪魔になるのが怖い、苦労したくない、という時点で
相手を好きという以上に自分自身の事が好きだと感じます。

邪魔になればいいじゃないですか。
苦労すればいいじゃないですか。
そんなにも相手を好きならお互い苦も無く乗り越えられるでしょう。
荒波だって乗り越えなければ先なんて見えません。

なんかそういう話をお綺麗な涙つきでされても興味ないし
鬱陶しいし返答に困るしじゃあ何で別れたんだって思います。
でそこで「俺なら何が何でも付き合い続けるけどね」と言おうものなら
無言の視線が突き刺さって来る事でしょう。
耳が痛いなら自分の中から出さなければいい。
自分で納得して決めた事なのに辛いだの居場所失くしただの寂しいだの
じゃあ共に歩む道を何故選ばなかったんだと延々とループしますよこれ。

疑ってしまう。
その道を選ばなかった事は別に
責められる事ではないとは思いますが
情の無い言い方をすれば、結果としては
保身に走ったという事になりますよね。
で、その結果をなんとかコーティングして
更に保身に走ろうとしている気がする。
口に出してフォローするつもりが
泥沼にはまっていくパターンというか。
そういうのを周囲に出しちゃえる人なんだー・・・って
色々遠ざかってしまわなければいいのですが・・・・・。

話を合わせるのも理解するのも
「その価値を見出せない限りしたくない」
という人も居るのではないでしょうか。
分かって欲しいと言われても
苦手な人間性を理解しろと言うなら御免と思う人も
中には居るかも知れません。
見極めた付き合い方が大事になってきますね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。