Free Ticket Blog 喜びと驚き
Free Ticket Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喜びと驚き
※誤解を招いてしまいましたので文頭に追記させて頂きます。
追記に記載している内容は、主にライブや販売活動をしているユニットで起こったものであり
フリー活動を主にしているユニットは含まれません。
フリー活動ユニットには全く関係無いと言える記事です。
それを踏まえて読んでいただければ幸いです。


先月の事になりますが、とある方々からメッセージを頂きました。
声と歌を気に入って下さり、応援していますと仰って下さった暖かい人達です。
ただ一つだけ疑問があって、実はその曲は他のシンガーに提供したDEMOで
そのシンガーしか知り得ないはずのバージョンのものなのです。
当人でしか知り得ない筈の楽曲を第三者に受け渡すといった事が
行われているという証拠を目の当たりにしてしまい、驚いてしまいました。
今回が初めてという訳ではなく、幾度かこういう場面に遭遇しましたが
久しぶりに表面に出てきた為に、やっぱりかという思いと
耐性が薄まってきた頃に起こったという事による衝撃が大きかったです。


その件で受け渡された曲は商業用ではない物だったので
特に問題があるという訳では無かったのですが
そのシンガーにとって、少なくともFTの曲は
大事に扱われるべき曲ではないのだろうと感じた事と
後は折角聴いて下さった方に対して有難うよりも先に
「どこから流失したものだろう?」「怖い」といった気持ちを持ってしまった事が
悲しく、申し訳なく感じます。
何よりも、歌って下さいのリクエストにこたえる機会を
必ずしもお約束できる訳ではないので
折角期待して下さっている方に「御免なさい」からお返事を書かなければならないのが
とても辛いです。

シンガーはリスナーさんに対して一刻も早く
新曲をどういう形であれ届けたかったのかも知れません。
その気持ちはとても有難いです。
ですが、結果としてシンガーよりもFTの歌インパクトが
リスナーさんの中で定着してしまったそうです。
更に他のリスナーにも配布していたらしく
FTのDEMOを先に聴いてしまった事が原因で
シンガーへの評価がその分少なくなってしまいました。
非常に勿体無い事だと感じます、そして悲しいです。
FTがSJメンバーにDEMOを渡さなくなったのにはそういった理由があります。

お金を頂いて作り納品する直前の段階であった曲を公開されてしまった事もあります。
これはFTの曲だ自分はFTの曲を持っていると自慢したいという気持ちだったそうで
それはとても嬉しく光栄な事です。そんな事までしてくれるなんて
FTの曲を好きでいて下さって有難うと叫びたい位嬉しい事です。
ですが、違約金が発生したり、取り消しになってしまったり
FTを選んで下さった方々にご迷惑をかけ、そして裏切ってしまう事になります。
なので、むやみに完成した曲を渡してチェックをお願いしたりする事もなくなりました。
ですが、やはり収録となると肝心の歌を覚えて貰う為に渡す事になります。
今回それが他の人に流されてしまったようです。
何も信頼だけの問題ではなく、シンガー当人にも大きな打撃があります。
リスナーの中には裏切られたと感じる人も全く居ない訳ではないのです。
あのシンガーの新曲だと聞いていたのに何故FTが歌っているのか、ふざけるな
あのシンガーの声で聞きたかった、そういうお叱りのメッセージを何通も頂いています。
出来ればオリジナルバージョンを最初に聴いて頂きたい。
最初に聴いたバージョンは思い入れも深く
それをオリジナルだと感じる人が多いのではないでしょうか。
後からオリジナルではないと知っても、最初に聴いたインパクトというのは大きいと思います。

今一度シンガーに呼びかけたいです。
暗黙のルールを守って、曲を大事にしていきませんか。
評価されるべきシンガーが評価される様、公表したい気持ちを
リリースまで、歌いきって形になるまで我慢しませんか。
どうでしょうか。
勿論シンガーとして活動しているFTにも同じ事が言えます。
よく考えようと思います!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。