Free Ticket Blog 2015年09月
Free Ticket Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は音声日記!

寝起きの低音(過去のFTの通常声)


寝起き後暫くの上ずり声(病気声)
スポンサーサイト
腫れ苦盛り?
こんばんは。今日も予約投稿で失礼します。

俺の病気は手足にも症状が出るもので
手のほうは周期があって無症状の時が多かったんですが
爪の変形が治らなくなってしまってからもう1年経ちます
手の方はもう9年前から症状が出ているのですが
同じ病気だとは思わずアトピーだとばかり思っていました。
そのあたりに関しては後で少し掘り下げていこうと思います。

大体のサイクルは爪に何本もの黒い線が入るところから始まり
圧痛が出てきて、次第に何もしなくても痛みを感じるようになり
爪の根元あたりの皮膚ががさがさに荒れていきます。
その症状が出ている時(おさまってからの暫くの間も含む)伸びた爪は
波打ってぼこぼこした爪になっています。
その頃になると根元の皮膚もかなり後退してしまっており
剥がれるのではと心配になるレベルになる事も。
ここまでを1セットとして大体夏から秋のシーズンは指が死んでました。
でも一昨年ぐらいまでは冬になると綺麗におさまってたんですよ。
去年から今年にかけてはおさまらないまま来てしまった。

そしてまたシーズンがやってきて症状が強くなり…腫れてきました。
手1
手2
昨日の日付ですみません。現在13日朝6時です。
下の写真だとところどころ赤みがあるのがわかると思います。
もうぱんっぱんになってくるとしんどくてしんどくて。
指の根元が膨らんでいるのが見えると思います。これがやっかいで…握る時に痛むのがここです。
それにしても長いとは言えない指。これでピアノ弾いてたんだから笑える。
ドからオク上のミまでが精一杯です。それ以上は指が伸びませんでした。
鍵盤でどこからどこまで指が届くかチェックするってピアノ弾く人あるあるですよね。笑

俺生命線長くないですか。すごいですよね。掌を縦にしてもまだ生命線見えるぐらい伸びてます。
さすがに掌を下にすると見えなくなっちゃうけど。これがあるから生きたい欲求が強いのかもね。笑
俺にとってはかなり強力な心理的作用をもたらしてくれる迷信です。強い武器になってくれています。
あと感情線も端から端まで伸びてるんですよ。知能線は残念ながら短めです。

掌も腫れるんですが指も腫れてそれがしみます。ご覧のとおりです。
腐ったトマトみてーなんだよ!!いてーんだよくそったれー!!!
何もしなくてもじんじんするし、握るともっとしんどいです(;´Д`)
しかも腫れてるのになんとなく乾燥してるんです。
あと皮膚が薄いのか、ホット缶やホットペットボトルも持てないレベルです。
熱くて耐えられないのです。毎日料理をしていた人間なので発症してからは苦痛で苦痛で。
ただ、鍋つかみをプレゼントして下さる方がいらっしゃったりして、それはすげー嬉しかった。
自分で気付いて買えよ。そういう所はやっぱり男だから鈍感なんですね。
いや性別関係ねえわ。俺のずぼらさが一番良くないんですヽ(´д`;)ノ

あと、小指の皮膚ががさがさになってきました。
小指と薬指の先端に裂傷も出来ている状態です。
長いこと自分の体質をアトピーだと思っていたのですが違いました。
成人してからアトピーになる事ってあるんだな、と思って的はずれな治療を受けていました。
足に症状が出た時点で違うんだと気付く事ができれば良かったのですが
その時点では手と足が同じ病気から来るものだとは思いもしなかったのです。
体内で爪や皮膚や髪を生成する成分が生成できていない事が分かり
今その薬も飲んでいます。白髪も物凄い勢いで増えてきました。面白いぐらい。
日ごとに、という感じではなく、
爪伸びたなーそろそろ切らなきゃなー…ぐらいのスパンで頭を見るとぎょっとします。
うちは父方が20代で白髪まみれという若白髪の家系でもあるので
それを考えれば病気の影響だけではないかもな…と思っていますが…
薬を飲んで髪が黒く戻ったという人の報告がかなり多いそうで
希望が見えてきました。
せめて30代ぐらいまでは黒髪で居たいなと思っています。
あと10年位は真っ黒で居させてくれー!
久々のTwitterと私信と思い出話
さっきTwitterに顔出してきました。
ibara君と少し会話できた。
ここを見てくれていたのを知らなくて、びっくりした。
俺、彼にお礼を言わなきゃいけない事があって。
さっきDMしようと思ったら何故かできなくて。
名前入力して文章書いてサブミットしてみてるんだけど
どうしても本文が反映されなくて「宛先決定」みたいな感じで止まっちゃって
うまくいかないから私信になるけれどここに書きます。




ブログを見てくれていたのを知らなかったから驚いたし嬉しかった。
あの曲、やってくれたんじゃないかな。
違ってたらただの意味不明な文章だなあこれww
間違っていませんように…。
押し付けるような形になっちゃってすみません。でも助かりました。有難う!
完成したものを最近聞いたんだけれど、嬉しかった。
とても美しかった。聴いて鳥肌が立ちました。
俺はibara君の繊細で豊かであり、かと思えば時にダイナミックでハードでもある
ibara君にしかない曲の世界観が好きだし尊敬しています。
自分には作れない種類の音であったり組み合わせであったり
ボーカルの引き出し方であったり、メロディ、調べもそう。
あとは(俺から見て)能動的な美学であったり。
自分に無い物の中で「欲しい物」を持っている人です。
ちょっと真似したいなと思った事もあるし
インスピレーションを大いに掻き立てられています。
これからもその才能を響かせ続けて欲しいです!
必ず復帰するのでまた他愛無い話やアホトークをしましょう!
本当に有難う。



色んな人に助けられて、色んな人に迷惑かけて毎日生きてる。
相棒にも節々で励まされ、気付かされ、前を向かせてもらってる。
11年来の友人も暖かく見守ってくれている。
人間1人じゃ生きられないよ。俺みたいなのは余計にそうだ。
こうやって助けられているんだから長生きしたい。
来年は大台に乗るし、のっちゃんが亡くなって10年になる。
あの兄さん生きてりゃ来年34になるのかな。すごいね。
その頃までへばっているのは絶対に嫌なんだよなあ。
俺今なら良い曲書ける気がするんだよね。
良い曲っつったって俺の中でだけれど…。
こうやって曲を書けずに居る時間も作曲のための糧になっている。
曲なんて作りたくねえやって思ってる時間さえも、過ぎ去れば見えてくるものが曲に活かせる。
作曲してる人って生きている時間全てを曲に反映できると思うんだよね。
そのドロップのタイミングはいつでもいいんだと思うきっと。
だから俺はこれからも作りたいし、自分にしか作れないような曲もきっとある。と思っていたい。
だから今年中にもう少し良くなりますように。
理想は言うだけならタダだし、叶うかも知れない。
信じるものが救われるかどうかは分からない。
信じる時は都合よく、でいいかなと思ってる。笑

昨日は相棒と二人でのっちゃんの思い出話をしてたら号泣してしまった。
俺とのっちゃんが共に過ごしたのはたった4年。正確には3年11ヶ月。
しかもしょっちゅう海を渡ってたから実質の時間はもっと少ない。
まあでもほっとんど電話もしてたしよくついてったりもしたから
学校とかバイト以外では四六時中一緒には居たかな。
そのたった3年の間で彼はとてつもなく大きなものを沢山遺してくれた。
10年経ってもこんなに泣いて泣いてどうしようもない位思い出が詰まっていて。
嫌な思い出の方が多い筈なんだよ俺と瞳美はwww散々個を殺させられ続けたしwww
一時期は本当に顔を合わせるのも憂鬱で円形脱毛症になったりした事もあってwww
のっちゃんの印象聞かれたらまず思い浮かぶのは悪魔みたいな人なんだよ。
そこは多分俺もひーさんも、てかWHO全員が一致する意見だと思う。
でもそこにかっこいいが必ずついて来る。とてもやさしくもあったし何より男気があった。
嫌な思いを凌駕する程の良い思い出を沢山くれたんだなぁ…と。
そして、彼を大きく変えたのは相棒との出会い。本当に人が変わったようだった。
それ故に彼は多分弱音を相棒に一番吐いてたし、一番心を許していたと思う。
正直なんでー!って思ったし、人ってどこでどう変わるか分からないもんだなとも思った。

覚えている人間は限られているから、こうやってお互い忘れないように
思い出話が出来るのは嬉しいね、なんて言ってほっこりした時間を過ごせました。
のっちゃんとの思い出をどっかで整理してメモしておかないとなと思いました。
嫌な思い出ばっかり蘇ってくるから悪口メモになりそうだぜ…それもでも今はかけがえのない思い出だ。
忘れないうちに。やっておきたい。

そしてまた体調が悪化してきたようで痛みが強くなってきました。
合併症がまた出てきたのか単純に症状の悪化なのかは分からないけれど
来ているとすればまた腸あたりです。元々の病気の部分もかなり痛むのでまだ絞りきれません。
とりあえず予約投稿しておきます。
次回の分はネタがないなぁ…とりあえず今回だけ。
こんだけ長文なら結構稼げるような気がする。笑
病状報告とリハビリ途中経過、最後になるかもしれない歌
新たに腫瘍が見つかりました。
血液検査で異常高値が出て何をしてもおさまらず
精密検査を幾つか受けてやっと顔を出してくれました。

年に一度の健康診断で例えば血液数値に異常が出ても
原因不明か疲労か内臓の一時的な弱りによるものだと結論付けられてしまう事が多いので
突っ込んだ検査は自ら頼んで受けさせて貰わないと病気の発見につながらないと感じます。

体力が非常に落ち込んでしまいまして、一日行動するのがちょっとしんどいです。
薬の影響なのか病気の影響なのか、白髪も抜け毛もかなり増えました。
そんな中、発声練習だけは寝てても出来るのでやってました。
キ○ガイの発想ですね。

初期のファルセットのリハビリには聖依のMonochromeの中の
「はっきりしない言葉なら」をオク上で歌っていました。B4C5あたりのキーなのでちょうど良いんです。
でも調子が悪い時はB4を出そうとすると裏返ってE5になり、C5を出そうとするとF5になります。
しかも最初は吐息だけが漏れるのでラーメン屋台のプーーーパーーーみたいな感じになります。
キ○ガイの発声ですね。

闘病中ずっと優希のLifeを聴いています。
Lifeの原曲であるRemembersは、のっちゃん、優希、瞳美、俺、四人がそれぞれ
気持ちを込めて全員で少しずつ作っていった曲です。
のっちゃんが遠い場所へ行ってしまい、俺は心の中を吐き出して
一歩前に進み始めなければという決意と、のっちゃんへの感謝の気持ち
そして、どうか安らかに眠って下さい、そして生まれ変わってまた会いましょう、という気持ちを歌詞に込めて。

彼の理解者であり、情けない姿も知っている、多分一番近い場所に居たであろう優希に
歌ってもらった事でRemembersはLifeとして生まれ変わりました。
譜面上での変化はほとんどありません。パートを多少足して音を変えて、程度に留めてあります。
彼の色を残しておきたかったのと、時代を経ても褪せないだろうと感じたからです。

で、Lifeのコーラスは絶対に妥協したくないんだって話をしていたら、歌手仲間が
違う曲ではありますがリードパートだけで100テイク以上録るという大行動に出て
俺もそれを見て「これこそ魂を込めるという事だ!」と、Lifeのコーラスを録りまくっていったんですね。
とにかく妥協はしちゃいけないと思って。そしたらその後の飯で嘔吐が止まらなくなってしまい
大変でした。あの時は。なので改めて3日準備期間をもうけて改めて収録しました。
素直にコーラス頼むという方法もあったかも知れませんが全部自分でやりたかった。
同じような事はこの日の記事に書いてますが、特別な曲なんです。
自分が歌うことは多分無いなと思っていましたし、コーラス終了後から口ずさむ事もせずに来ました。

でも思い出しちゃったんです。
丁度今から10年ぐらい前になるかな。
フリチケでプロローグアルバム作るぞ!って意気込んで
RemembersのRPR Remixを作って二人で歌ったんです。
未成年の子供二人で完全に勢いだけで突っ走ってました。
それでも凄い楽しかった。
訳分からんぐらい楽しい気持ちがこみ上げてきました。
それ思い出して、自分はあとどれ位生きられるんだろうって思ったら
歌いたくなりました。
あと、これレクイエムなんですよ。
歌うことで見送る側として踏みとどまれるんじゃないかっていう希望が。
悪運が強いし生命線がくそ長いので多分大丈夫だとは思うんですが…
とりあえず俺、Lifeは葬式で流して欲しいぐらい好きな曲なんです。
良かったら聴いてやって下さい。
もしかしたら最後の歌になるかも知れないし、ならないかも知れない。
最後になるなら俺はLifeを選びたかったし
これから頑張るという意味でもLifeを選びたかった。

日本語の発音はやっぱり若干甘いままだね。
冒頭の夜が「Gyo」になっちゃってるし。「わ」や「ふ」の発音も酷いし
でも、毎日リハビリしてここまで戻してきました。
高音や低音はもう戻ってこない部分もあるけれど、これぐらいのキーなら
いつもの俺の声と変わらないレベルになっていると思う。
こっから頑張るよ。またがんがん歌うぞー!!!!

ディエッサーもイコライザもコンプもかけてない、リバーブだけの雑なミックスですがお許し下さい。

Life -Journey- FT Ver


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。