Free Ticket Blog 2013年03月
Free Ticket Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
似すぎるという事と「顔」について
これだけ沢山芸能人が居ると
自分や身近な誰かが芸能人に似ていると気付く時がありますよね。
うちの場合は母が菅野美穂さんにそっくり、というよりも条件付で瓜二つです。
適度に似ているのであれば微笑ましい、でも似すぎると異様で気持ち悪い
そういう感情を抱くんだなという事が分かりました。何の収穫なんだか。笑

昔の菅野さんを見ても似ていると感じた事はありませんでした。
どこにも似ている要素を見つけられません。しいて言えば鼻かな、位で。
ですが、良い感じに歳を重ねていく菅野さんを見る度に
FTの胸の中をどこか懐かしい気持ちが支配するのです。
なんだろうこの違和感は、ずっとそう思っていました。
とても身近に感じられる、何故か他人の気がしない。
自分はこの人を知っているのではないか?そんな錯覚に陥りそうな。
そして、気がつきました。あの少しこわばった様な笑顔(口の開き方)。
あの二重、目頭、目じり、というか目のシルエット、鼻の形、鼻筋、顔の輪郭
笑った時に出る口の横のしわや頬骨、歯の見え方。至る所がそっくりです。

唇はきっと似ていないのでしょう、笑っていない時は少し違う人だという印象。
でも口を閉じたままにっと笑う顔や、口を開けて笑っている顔はそっくりで。
すぐに思い出さなかったのは10年以上母の顔を見ていないからなのでしょう。
菅野さんが女性として日々成長していかれる過程でじわじわと
たまたま、FTの母と重なる顔になっていったのでしょう。
勿論、菅野さんは瑞々しくて若く可愛らしさと美しさを兼ね備えた女優さんです。
演技も大好きです。狂気から目立たない人から何でもこいじゃないですか菅野さんって。
ですがそれとはもう異質な話になってきて、似すぎていると「誇らしい」よりも
何故こんなに似ているのだ、気持ちが悪い、という気持ちが先にが来るんだなと…。
これは非常に…衝撃的でした。こんな感情になるとは思いもしませんでした。

そしてそれ程の容姿である両親を持ちながら受け継がなかった自分にはちょっと笑えます。
父も母も容姿端麗でそれはそれは鼻が高い幼少期を過ごしましたさ。
どこの家に行っても初回はお父さん素敵だね、お母さん綺麗だね、必ず言われました。
開口一番絶対素敵・綺麗でした。同じ数だけ両親への嫌がらせもありました。
それだけの容姿を受け継いでいたらどれだけ鏡を見るのが楽しいだろうか。
ナルシストというものがどういう心理なのか、憧れましたよ。
美男子として生まれていたらどういう人生だっただろうか、妄想するんですよ。
きっとあれは楽しい、これはこうなる、風に溶ける残り香はこう、寝る前に思いを馳せるのです。

ですが現実は厳しいものです。避けようのない地獄から幾ら目をそらしたところで
足は縛り付けられたまま動かず、存在しない翼をいくら羽ばたかせようとしたところで
体は宙に浮きあがるわけもなく、影は疑いようもない程に地獄の地に差しているのです。
そう、自分は化け物なのだと。地獄に生れ落ちた、夢見る醜い化け物なのだと。
美容院では鏡の向こうの自分を「うわぁ…」と思いながら地獄の時間を何とか耐え
レストランに入って窓に映った自分の顔に気付いて一瞬目が合うもののぱっとそらし
お手洗いに入り用を足し、洗面台では俯いたまま手を洗うのです。

段々人前に顔を晒すのが怖くなり、それを覆い隠すかの様に「億劫・面倒」という気持ちで
自らの心をデコレートし、自分と向き合わない、戦わない、そんな日々が
いつまでも続くと思っていたある日、突然それは訪れたのです。
「FTさんの笑顔って何かいいよね」
言った本人にしてみれば何気ない一言だったと思います。他意もないでしょう。
ですが、FTはその一言で地獄に居る自分がまるで天上界にでも行けたかの様な
晴れやかな気持ちになりました。その後、意識して笑顔を見せる様にすると
なんだか周りも安心した様な顔。生まれる笑顔の連鎖。笑顔はなんて美しい表情なのだろう。
自分の笑顔を鏡で見ても気持ちが悪いとしか思いません。それは今も同じです。
それでも、誰かを安心させたり、少しでも穏やかな和やかな気持ちを誰かに届けられるんだ
そう思うと、自分の笑顔が一転、誇りになりました。
顔の造形なんてどうでもいいじゃないか、自分にはこの笑顔で出来る事があるんだ。
そう思う様になりました。だから今は誰かに何かを言われようが全く気になりません。
いや、別段誰かに何かを言われた事も無い様な気もしますが…気になりませーん!
楽しい気持ちにさせられる相手が一人でもいるならば、それはFTにとって大きな事です。
終わり良ければ全て良し。死ぬ時は絶対笑顔でと決めています。
スポンサーサイト
3月も終わり
明日はエイプリルフールですね。
騙し合いトーナメントです。これは戦いなのです。大袈裟な。笑
でも意外と本腰入れてドッキリレベルな事をする人が多かったです。周りに。
ハッピーな嘘をつく人も居れば、悲しい嘘をついて周囲を悲しませ、嘘でしたーと一転明るくしたり
日本でやったら冗談ではすまされない、友人の一人や二人は失うのではないかという様な
なかなかえぐいものもあったりします。笑
youtubeあたりでアメリカのドッキリを見てみて下さい。
意外と多分「笑えない」って人が出てくると思います。
それを恐れてか、「今からご飯食べてこない」「今から寝ない」など
嘘というよりただのあべこべ遊びみたいな感じになっているのを時々目にします。
それもそれで成程な~と思いました。

でもいい加減めんどくせーから今年はなんも嘘つかねーかもわからんね。
気が向いたらつくけど。今の世間って自分も含め特に冷めている気がする。笑
皆様楽しいエイプリルフールを、そこそこにお過ごし下さい・・・・笑
昨日
書いて保存しておいたのに消えた記事。
昨日ね、夢を見たんです。のっちゃんが久しぶりに出てきました。
こちらはKAZっちと優希とrioさんとFT。
名前勝手に出しちゃってごめんね。
付き合いもそろそろ皆とも10年になるんだよね。
しっかり夢に出てきました。笑

睡眠時間は2時間だったのですが、中身はもっと濃かった気がする。
楽しい夢ではなかった。あの頃について彼が語っている夢と
彼の最期の瞬間に残した言葉。

それで、自分は彼みたいに生きられないし生きたくないと感じました。
彼は理想のままに生きたと思います。
ただ、それでも最期に残ったのは死にたくないという気持ち。
どういう意味で言ったのか、それは彼にしかわかりません。
遺していくものが心残りだったのか。
自分の人生を生きられなかった事が惜しくなったのか。
最期の言葉が気になって。
病に蝕まれ、侵食され、食い尽くされていく中の貼り付けた様な笑顔。
遺した物はなんだったか。どう変わったのか。成長したのか。
成長できていないのか。無駄死にになったのか。どうなのか。
意味のある事だったか、報われたか、笑顔は本物であったのか。
夢の中で「のっちゃんそれで良かったん?」って訊きました。
「分からないけれど、良かったと思う」という答えが返ってきました。
起きてすぐ思いました。
それは救われたい俺自身の気持ちでしかないだろうと。

あの時は色んな方面に対して快くない気持ちを持っていたのが
正直な気持ちです。彼に対しても、自分自身に対しても。
それを言っても仕方が無い。何が変わる訳でもない。彼は望まない。
そうやって思うと少しずつ毒が抜けていって、時間を沢山使いながら
少しずつ受け入れられる様になりました。
でも、彼の生き方をなぞる事はできません。
やっぱりそれも彼は望まない。何より俺が出来ない。

分からないけれど、彼と共に過ごした何年かを振り返って
他の人と同じ様に、俺しか知らない彼の面もあって。
彼は完全には満足できていない筈。
俺は今際にあんな言葉を遺すのは絶対嫌で。
しまっておいた中身は結局最後には外に出てくるんだろうなと思って。

また出口がなくなって参りました。
自分は自分の人生を生きたいと感じたんです。強く。
まだまだ目をそらし続けているかなー。
亡くなった人をなかなか。忘れられないのは悪い癖というか何というか。
もう7年になるのにね。笑

自分でも踏み込みたくないし、勿論他の人に踏み込まれるのもまだ。
そっとしておいてほしい時期や事柄って少なからずあるんですよね。
ただ、いつまでもそのままではいけないとも思っているので
思い切って書きました。

もう彼の幻影を求められても応えない。応えられない。
いつまでもいつまでも引きずって来ている感が否めない。
忘れてはいけない事だし忘れるつもりは無いけれども
いつまでもそこで足踏みしてたらそれこそお互いに望まない結果になる。
俺は俺なんだと誰よりもまず自分自身がしっかり持っていたい。
あれれ。
書いて保存しておいた筈の記事がまるごと消えてしまった。
という事は載せるタイミング・文章ではなかったという事なのでしょう。
人間生きてりゃ色々ありますよね。
いや。死んでいても色々あるか。

体がある限り、前には進めます。

我慢・忍耐・歩み寄り始め・気を遣う
これらは悪意を持ち広義に解釈すれば嘘です。
ですから、他人に嘘をつかずに生きていく事は難しいです。
ただ、自分に正直に、正面から向き合うのは
他人に嘘をつかずに過ごすよりかはまだ難しい事ではないと感じます。
作品を作る上で自分をごまかしたまま作りたくないです。
その瞬間は終わってほっとするのかも知れない。
ただ、10年20年後になって振り返った時に
拭えない「自分と向き合わなかった」という記憶が一生ついてくるでしょう。
自分がまず自分の曲と向き合っていたいと感じます。
嘘書いてそれを聴いて感動して下さった方がいらっしゃったとしても
自分はその感動と同じ気持ちを発信できないのだろうから。
オンラインでやってる活動はそういう気持ちの逃がし場というか。
やっぱりね。音楽はまず楽しめなきゃ駄目だと思います。
毎回書いてるなこれ。笑
楽しんでこそです。
そしたら伝わった時嬉しいでしょう。

あーなんか今日は書きたい事を書けてすっきり。
時折言われるのですが
ニコニコ動画にカラオケデータは置かないのですか?
と時折たずねられる事がありますが
歌入りを載せても、カラオケは一切載せる予定はありません。

ちょっと書くのが躊躇われる内容なので追記に残します。
>>続きを読む
鶏トロ
はい、また食い物の日記でーす。
あーあ。もうタイトルをFTのグルメ日記にでもしてしまおうか。
鶏トロというお肉を発見しまして、購入してみました。
鶏胸で一匹から50gしかとれないという事で。そういうのに弱い。
焼いていると脂がどんどん出てくる。うわぁ・・・・。
焼き上がり。食べました。
脂っこい以外は普通の鶏胸でした。
ほんとうに(ry
コーン
3缶198円のスイートコーン缶詰があったので
この間購入しました。
コーンを器に入れ、マヨネーズ9.5:練乳0.5位の割合で和えます。
甘さが足りない場合はそこから少しずつ練乳を足し調節します。
それをパンに塗れば簡単、コーンマヨパンになります。
これをオーブントースターで焼いて食べるのです。

おいまた食い物の話になってるぞ。

皆様の地方では桜は咲きましたでしょうか。
FTの所では既に満開になり、雨でなぎ倒されていってます。
散ってゆく姿も儚くて美しいですよね。
だけれどあんまり酷く飛び散らさないでくれ、雨よ。

命短し恋せよ乙女。ゴンドラの唄を思い出します。
桜はほんのひと時しか咲いていられません。
そして、美しいまま散っていきます。
恨みも悲鳴も残さず散っていくのです。
自分もこうあれたら。こう終えられたら。
最後には笑って逝きたいです。

最近こうやって死を最終的なものとして物を書く機会が増えましたが
死にたい訳ではないのです。
漠然と、最終的な死を意識する様になっただけで
そこに向かって自分は何をしていけるのか、何をしたいのか
何ができて何ができないのか、を考え、何だか生きる気力に溢れています。
背伸びする事も、見栄を張る事も、我慢する事も、本音をださない事も、
一つ一つを振り返った時に自分がどう感じるか
同じ事を十年後、二十年後、死ぬ間際にも感じられるか
そう思うと、一瞬一瞬の選択の全てで未来の自分も自分の心も変わる気がします。
選択は結果として後々自らの身にふりかかってきます。
そこで自分で受け止められるか、自分可愛さに誰かのせいにして盾にして離れられてしまうか
それともふりかかってくるもの自体を変えてしまおう!と思うか
FTが選んだのは変えてしまう事でした。
だから下痢だろうがアイスを食べるんです。
美味しいんです。美味しけりゃいいんです。記憶に残るでしょ。
このアイスは美味かった。下痢なのに食っちゃった。なんて少しうんこ臭い記憶が。
その日の帰り道に事故にでも遭ってたらそのアイスは食べられなかった。
もう話が意味わかんなくなってきたので終わりです。

話を脱線させ自分で舵を取れなくなり強制終了という流れを演出するのが好きなFT。
いつまでこのパターンを繰り返すつもりなのでしょうか。
いつまででもだよ!!←
しかもまた食べ物の話でしめてるしね。
パツンコ
twitterのタイムライン上にパチンコの話題が出ていました。
FTはパチンコを今までの人生で一度だけした事があります。
小さい頃、とは言え日本に来てからですが
休みの日、父親と一緒に出かけたFTはパチンコに付き添い
「此処ヲ押サエテイテ下サイ。私ハ飲ミ物ヲ買ッテクルヨ」
と言い残し、小一時間だったのか三十分だったのか十分だったのか
その台でパチンコのレバー?が動かない様に最新の注意を払いながら
父親が帰ってくるのを待っていたという微笑ましい思い出です全然微笑ましくないです。

浅ましいFTは、父親が帰ってくるなり床に落ちているパチンコ玉を拾い
店の隅で一人ボーリングごっこを楽しんだ後、「これ拾ったからあげるね」と
父親のトレイにぶっ込み、そこから後は記憶がありません。
よく怒られなかったもんだ。
本当に小さい頃だったので、もう記憶が曖昧です。
その後、宝くじなどにも一切の興味を見出せず。
宝くじにもエピソードがあります。
小学生低学年の頃、ナンバーズを買ってみたんだーと親がテーブルに何かを置く。
そこには「1111」~「9999」のゾロ目や「1234」「5678」の連番のくじが。
少しまなじりを吊り上げ疑問を投げかけるFT
「ただでさえ当たり難いくじがこんなぞろ目や連番で余計に当たらないんじゃないの?」
「こういうの(ゾロ目連番)の当選は避けて通ってるの?これまでの当選番号の傾向は?」
「遊びで買うのは分かるけれど明らかに当たりそうもない数字だけを買うのは金を捨てる行為では?」
うろたえる親。
「わかんないわかんない、適当に買ったから・・・当たらないかな・・・」
世の中の殆どを知らない子供の分際でちくりと釘を刺す小姑FT。
「逆に自分が宝くじの関係者だとして、ぞろ目は避ける?避けない?きっと選ぶ人多いと思うけど」
子供の未熟な知識に合わせてなのか、素でなのか、誘導尋問にまんまとはまる(振りをしてくれた?)我が親。
「当選番号には入れないな~・・・」
なんだか不憫になってきてフォローをいれるFT。
「きっと普通なら避けて通るであろう所を選ぶのは凄い。普通はなかなか選ぶ勇気がない」
「これで当たったら一躍時の人だ。新聞に載っちゃうかも(安直)」
「次は家の電話番号下四桁とか、家族の誕生日とか、生まれた西暦にするのも良いかも知れない」
子供の機嫌を伺っていた親はすっかり安心して満面の笑みで
「うん!そうする!」
後日、そんな事もすっかり忘れてぞろ目連番のくじを買ってきた親がいましたとさ。めでたしめでたし。

宝くじは当たりませんでした。

えー話を戻します。
実は宝くじも買い方が分からず買っていません。
夢を買う、ドキドキ感を買うものだという認識のまま大人になったので
あれはアリだと思っていて機会があれば購入してみたいのですが
なにぶん買い方も分からず、身分証は必要なのか、現金でいいのかカードなのか
面倒な手順を踏まなければならないのか、そういうものが全て億劫で買っていません。
そして段々どうでも良くなり、忘れていくのです。笑

そろそろねー。一度経験してみるのもいいかなと思ったりもするのですが
そろそろ、そろそろと言いながら老人になり死んで行くのでしょう←
人は変わりゆくもの
今日は睡眠時間0でまた出かけました。
かゆくて眠れない!そういう時は眠らない!
心の底じゃ寝たくて仕方ないんです。
でもぐずってたって眠れる訳じゃないんだから
頭を切り替えて楽しく過ごしてしまうに越した事はないですね!
今日はおパンツを買ってきました。あとサージカルテープを。
そして食料も幾つか・・・・。
頭痛くて何書いてんのかわかんない。
とりあえず帰る道すがらコンビニに寄ってアイスを買い、食いました。
今までは絶対に食わなかった。


徹夜→腹を壊す→アイスに目もくれない→当然食べない


徹夜→腹を壊す→アイスを見つめる→食べる→腹悪化→食ったもん勝ち


人は変わるものです。
下痢なんか出たきゃ勝手に出ればいいんです。
こちとらうまいアイス食って満足してるんだ。
美味しかった思い出は必ず残る。
どうせ一回二回苦しんで終わり。
胃から出さなきゃ勝ちなんですよ。
ついでに頭痛もしてきやがりましたが
もう今の段階で鎮痛剤を飲んだのでノープロです。
アイス食ったから空腹が解消されて躊躇なく服用できますね^^←

この変わりよう。
楽しく過ごせばいいのです。
方向性が定まった?
曲によって歌唱法を使い分けるのが好きなのですが
今までは余り冒険せずに大体浅い所で留めてきました。
勿論、のっちゃんの声を意識してきた部分もありますし
オンラインでは見せてこなかった面が結構あります。

こうして自分らしさを出す良い機会を与えて貰ったので
その一端一端を出していければと思っています。
で、収録に入ろうと思っている曲との格闘が終わり
方向性が定まった気がするので、そろそろ収録に入ります。
勿論気に入らなければ破棄します。

そのうち色んなユニットさんの曲もお邪魔して歌わせて貰おうかな、なんて
思っています。笑
ヴッピッピー
耳が痛い日々が続いて、やっと抜けて
裂傷も今までは波だったのが
少しずつ、少しずつ横ばいになってきて
今この状況でも毎日が快適で御座います。
あでもちょっと体が痒いです。笑
季節性で、眠れない程の時が多いので
クリーム塗ったり、あとはyoutubeで
眠れる様になるらしい音楽を聴いて
頭を落ち着かせて寝ます。
そしたら1時間2時間しか眠れなかったのが
いきなり8時間眠れる様になりました。
これはすごい。すごいんですが
低級霊にとりつかれるだの何だのと書いてるサイトがあったので
おすすめできそうにありません・・・・。
FTはそんなもんを全く気にしないタイプなので
それ聴いて眠れるうちは利用し尽くしてやろうと思います←
自然が一番
長年黒コンを使用してきました。
現在ではすっかり放置状態です。
見た目もアジアの親が居るからなのか
ネグロイド、コーカソイド、モンゴロイドの血が入っているからなのか
尋常性白斑の影響からなのか
少しずつ変わり、色素も安定せず…。
髪の色も完全に定着するまでは
何度か明るく戻ったり暗くなったりを繰り返し
今のところ、黒で安定しています。
その代わり、今は唇の色素がまた抜けてきて
ベージュ色の唇になりつつあります。
数年前まではそれがとても嫌でした。

でも人間、本当にふと相手が発したであろう言葉でも
救われるものなんだと今になってしみじみ思います。
「どんな容姿になろうが貴方は貴方であり、
 意思の疎通が出来る以上扱いは変わらない。
 作曲が出来てあほで気分屋で呂律が回らないFTは変わらない。」
「FTって感じだよね」
「これぞFTだよね」

そういう言葉を貰いました。

だからもう容姿の色を整える事は何もしません。
世の中にはこういう見方をしてくれる人も居るのだという事が分かったので
胸を張って、という訳ではありませんが
肩の力を抜いて、素のままの自分で生きていこうと思える様になりました。
なかなかに忙しいものである
どこかで誰かが楽をすると
必ずその皺寄せが誰かにいつか襲い掛かる
そんな風に感じていますおはよう御座いますFTです。
多忙な事は幸せな事です。
今日も有意義に過ごすぞー!
BGM追加分完了
完了でございまする。
FREEJIAの方でBGM総数が100を超えたそうです。
びっくり。旧作もあわせると140位になりそうです。
プレイして下さる皆様の中にお気に入りの曲が一つでもあります様に…。
楽しいひと時のお手伝いになれば幸いです。

しゃて!次は収録でございます!
うひょひょひょ!
非常に緊張とわくわくしております。
ううむゲスボ。ゲスいボーカル。
じゃなくてゲストボーカル。
本能に任せて歌います。
余計な事考えないで歌います。
何年ぶりだーそんなの。
何テイクでも録るつもりです。
気に入らなかったら捨てます。
妥協はしません。
妥協した瞬間はそりゃいいけど
10年20年経って振り返った時に
後悔するのって嫌ですからね!

ゲストボーカル初参加。
楽しく歌わせて頂きます。
総務的な事をすっ飛ばして
BGM制作をしていました。
とりあえずは提出完了。
リテイク、追加がなければ
喉の様子を見てボーカル収録です。
ゲストボーカルとして参加するので
平行作業は行わず完全に歌う立場だけで
取り組んでいきます。
耳の事もありましたがかなり温存してきたので
みっちり前準備を行って歌う予定です。
長丁場になってもどっしりやりたい。笑
でそれが終わったら次はMUSIXリメイクをやったり
新曲を書いたり、カラオケ用の曲を書いたり
沢山やりとうございます。ふふふ。
なんだか自分のベスト出せたらとか言っておきながら
どんどんどんどん後回しになって申し訳ないです。
出す出す詐欺になっても良くないので撤回します。
出さない予定でいこうと思います。
多分忘れた頃に出すんだと思います。
2030年とか。笑
全っ然笑えない。
さっそくやる事てんこ盛り
ぱっつんぱっつんってのは燃えますね。
一つ一つ取り組んでいくこの感覚が気持ち良い。
これは性別によるものなのでしょうか。そうではないか。
全てを終えると討伐、もしくは生まれ変わったような
そんな気分になります。
征服心が強いのかな。

あの日、のっちゃんと自分の事を書いてから、
素の自分を少しずつ取り戻しています。
正確に言うと、優希に打ち明けた時から
少しずつ自分らしさを思いだしては自分と鬩ぎ合っていた様に思います。
曲にも少しずつそれが現れてきているように思います。
以前までは彼らしさを第一に考えてきました。
今はその頃の自分と戦いながら、少しずつ変わっています。
自分の過去にヒントを得て、人格を再構築している様な気がします。
思い返せば自分の幼少期はどうであったか。それを探しています。
思春期を「彼に成り代わる」いう形で終了してしまったので
時間はかかるかも知れませんが、そこは人間。
追い詰められれば本性を剥き出しにするだろう、根を出すだろうと
ある程度は気楽に構えています。笑

さて!仕事仕事!
3月11日
RIP forever.
We'll always remember you!
製作再開致しました。
やっとカテゴリを「音楽」にする日が来ました←
久しぶりなせいか物凄い難産です。
練っていた筈のものがいまいちしっくり来なかったり
違和感を覚えたりして作っては消して。
納得できないものを継続する事ほど無駄だと感じる事は無いというか
うーん・・・・?頭の中にあるものをうまく文章にできないぞ。何故だろう。笑
今日は頭がさえていない日なのかな?
飯を食っていないので、きちんと食ってリフレッシュします。
気分転換は必要!
制作と日常、順序を間違えずにやる事が大事だと感じます、今は。
良い作品は良い生活から。的な。年取ったなー俺。
そろそろ製作再開できそうです
耳の状態を見ながら制作再開しようと思います。
やりたい事てんこ盛り。一つずつ着実にやっていけたらと思っています。
すぐさぼるから
今日は予約投稿で。。。。

magnetという曲を発掘。
相方と歌おうと言っていた曲です。
ただ、高い。高すぎる。なので
メラニー歌唱やらボイチェやらしまくって
収録したという。。。。
昔のっちゃんのサイトで女声載せてた事を思い出しました。

入り乱れる地声と裏声と加工声。
メラニー歌唱する時は毎回探り探りでした。

きっかけは当時のエンジニアさん?ディレクションしてくれた人?
あれ・・・・・忘れた。笑 その方の一言でした。
「FTくんは発声や語尾の響きが女性に通ずるものがあるね
 ちょっとピッチ変えてみようか」
変わったピッチを聴いてみるとなにやらすごいねずみ声。
これは駄目だよーと笑うFTに、じゃあ高い声で女性ぽく歌ってみて
と無茶なリクエスト。
さすがにオク上はしんどいのでキー6つ上げて歌ったとさ。
そしたら気持ち悪いオカマ声の中にほんの少し女性の雰囲気が。
もう少し芯を抜いた感じで行こう!とまたもや無茶振り。
ここまで来たらと歌ってみる。

あやなみっ!でも大分ロリ声。

そこに居たのは綾波レイのなりそこないでした。

ピッチを変えるディレクターさんだかエンジニアさん。

はやなみぃ!

調子に乗り

「多分三人目。」
「いい。仕事だから。」
「私、肉、嫌い。」
「貴方の事も嫌い。嫌い。大っ嫌い。」

綾波レイ(最後アスカだろ)のセリフを連続で喋り、ピッチを上げさせるFT。
めくるめくエセ波レイワールド。
リアルタイムでは見ていなかったのですが
後追いで見てから何年も経っていない頃だった為
濃厚な記憶から出てくる出てくる綾波セリフのあれこれ。
結果、FTは静かに喋る女性声の特性があるという事が分かりました。

以来、必要に応じて声を出す時は
槇原さんの様に歌ってみたり
浜崎さんの様に歌ってみたり
アイドルみたいに歌ってみたり・・・おええ←
母音の口の開きを大袈裟にしてみたり
逆に弱くしてみたり
語尾をフェードアウトビブラートにしてみたり
逆にノンビブで歌ってみたり、マイクの位置変えたり。
女声というのは複雑に出来てるものなんです。多分。←
個人的にはひーさんの喋り声にも似てる気がする。
メラニー歌唱をする様になってからは選択肢が増えたからなのか
ボイチェとは余り相性が良くないみたいです。

で、これがまた意外で、ボイチェした声は、高確率で
フリチケのどっちの声なのか分からないと言って貰えます。
たまにメラニー歌唱してない普通の唄でも言って貰えます。
自分では似ていると思っていたひーさんと似ているという声は0。
ふふん。でもそんなに似てるのだろうか。
嬉しい反面恐縮。本人内心怒ってやいないかなんて。ないか。笑
「私とFTがそっくりだぁ?ハッ!私も落ちたもんだ!」
とか言い出しそうないきoいや間違いなく言わないな。
でも、とてもじゃないけれどあそこまでエモーショナルで
涙腺を刺激する様な豊かな歌い方は出来ない。
となると多分声質が似てるって事なのでしょう。

そんなに似ているなら
デュエットでどっちがどっちの声だか分からない様な
いたずら的な事もしてみたいなんて思ったり。笑
これは前にも書いたか。

今は相方は予定てんこもりで多分くっそ忙しい最中で
FTはFTでよわ男でこの有様だし、もうちと先になると思うけれど
お互い一息ついた頃にどーんとmagnetの掛け歌を
発表しちゃうかも知れません。

楽しみにしているがいいよ!←
久しぶりの更新
全然またブログ書いてないですね。
お久しぶりになってしまいました。

最近の動きを軽く撫でておこうと思います。

耳も順調に良くなってきており
裂傷の方・・・・はどうなんだろう。
少しずつ良くなってきている様な気はします。
徐々に徐々に治っていってくれたらいいな。
背中に正体不明の痛みがあるので今はそちらが心配です。
内臓悪くしてないか検査して貰わなければ。

さて最近の食生活はというと…(音楽の話しろ)
ここの所どんどんパンが増えてきています。
やっぱりね。楽なんですよ。トッピングと焼くの2行程しかないので…。
以前のFTはサランラップでおにぎり作って楽だのとほざいていましたが
パンは偉いですね。はみ出してこないしべたつきもしない。
結局生まれた土地で親しんだものが強いのか…と。
ってかあれだけパンシーズニングの話してりゃ書くまでもなかった話か…。
アーモンドシュガーをこの間買ってきて頂いたので試しました。
なんだか風味が良い。甘さは殆ど感じなかった気がします。
どちらかと言うとアーモンドパウダーに近いと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。